こんにちは!はれこです。

このブログでは、私の日常も紹介しながらお仕事について思うことなどなど紹介しています。

傷付けたくない人を傷付ける報道は見たくない

先日起きた「京アニ放火事件」

私も京アニ作品はすごく好きで、特にFree!は元水泳部だったこともあり、思い出深い作品です。

京アニ応援の意味もこめて、上映中の映画も観に行きましたが、被害に遭われたであろう方々の名前が表示されるオープニングのスタッフロールで既に号泣。

姉はグッズを買い漁り、購入したサントラCDは作品の思い出を語り合うのにピッタリで更に泣きました。

作品ってすごいです。

作品の端々に関わっている人の考え方やこだわりが表れる。

続編をやるにしても、きっと違う作品になってしまうんだろうなと思うと失われた存在の大きさを実感します。

それだけに、捜査状況は気になるものです。

京アニのニュースがあれば開いてしまいますし、安否情報も公表されないとしつつも検索してしまいます。

しかし、Twitterである遺族の方が悲痛な声をあげていました。

許可もなく葬儀の様子を撮影したり、遺族や会葬者に話を聞いてまわって本当に不快だったと。

すぐにどのくらいに記事かわかりました。

まさか許可も取っていないとは思わず、読んでいました。

それを聞いてから、すごく、ものすごく、汚い記事に見えました。

そして、読んでしまった自分の浅はかさに腹も立ちました。

ネットの記事は、読んでもらえることがすべてです。

その記事をクリックしてしまったら、もうその時点で記者は役割を果たしているのです。

私たちは1番苦しめたくない人を苦しめて書いた記事を読んでいる。

なんて滑稽な話なんだろう。

その記事を受けとる前に、正規の許可を取った記事だと分かれば良いのにと思いました。

そういった放送倫理を変えていくには、きっと根本的な仕組み自体を変えていかなければならないのでしょう。

被害に遭われた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご家族様が静かにお気持ちと向き合い、前に進めるようになること心から祈ります。

投稿者: hareko214

こんにちは!趣味ナレーターのはれこです。 このブログは、私の日常やお仕事について思うことについてご紹介しています。 お気軽にフォローしてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。