こんにちは!はれこです。

このブログでは、私の日常も紹介しながらお仕事について思うことなどなど紹介しています。

今日はSNSの炎上について。

私自身は幸いにも炎上被害に遭ったことはないのですが、やっぱり見ていて気持ちの良いものではありませんよね。

そもそも炎上はなぜ起こる?

「炎上」という言葉が出た当初はおそらくこれほど問題視されていなかったように思います。

おそらく「ネット民すげぇ」くらいな気持ちだったのではないでしょうか。

犯人が特定されたり、逮捕されたり、なんだか正義の味方みたいな感覚だったのではと思います。

しかし、炎上が根付くに連れ、炎上の被害者の声が取り沙汰されたり、社会復帰が難しくなったりという実害があることが表沙汰になってきました。

今もよくある炎上の多くは「正義感」から起こるものだと思います。

NGT48の例の事件、加害者と推測されているメンバーのSNSはもう酷い有り様です。

「なぜ悪人が成敗されないのか?じゃあ俺が、私が」

みたいな感覚なのでしょう。

正義だからって何をしても良いわけではない

皆さんご存知かと思いますが、炎上と同じ思考回路で起きた大変有名な事件がありますね。

核爆弾の投下です。

当時のアメリカは日本を「悪」と考え、悪を排除するためには大量虐殺も厭わない構えでした。

核の前にも日本でたくさんの空襲がありましたし、沖縄戦もありました。

日本人だったら一般市民だろうが無差別で攻撃していたのです。

結果として戦争は終わりましたが、「そこまでしないと終わらなかっただろうか?」と思うほどの深い傷が残りました。

善悪は確かに大切なことです。

物事を判断する上で欠かせません。

しかし、善悪以前に「やってはいけないこと」というのは確かに存在します。

最近では、普通に生活している一般人もSNSやインターネットをしていれば炎上する可能性があります。

その意見が正しい正しくないはともかく。

普通に生活していて突然爆弾が飛んでくる状況と、次元は違えど同じことでは?

間違いを正そうという心がけは間違ってないと思いますが、正すのと叩きのめすのとでは大きく異なります。

善悪だけで行動しないよう、気を付けたいですね。

投稿者: hareko214

こんにちは!趣味ナレーターのはれこです。 このブログは、私の日常やお仕事について思うことについてご紹介しています。 お気軽にフォローしてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。