舞台情報

【舞台感想】人と出会うことは自分の力に変わること

こんにちは!はれこです。

このブログでは、私の日常も紹介しながらフリーランスとしてのお仕事術や就職やお仕事の悩みを解決するブログです。

書こうと思ってることはいくつかあるんですが、上手く書けない時期に突入しています…ゆっくり書きます。

ただ、今日…ってかもう昨日ですが、ヤクルトの推し選手の1人、サブマリン投法の山中投手が勝ててとても嬉しかったです。

なかなか出てこないですが、アンダースローめちゃめちゃかっこいい。

しびれる。

木曜日に、電光列車さんの舞台を観に行きました。

少し重めの内容だったので、感想を書くのが大分遅くなってしまいました…。

でも、元気になれる舞台なので気持ちが沈んでいる時に観ると活力がもらえるかも。

悲劇の主人公になりたい人

高校の時の先生が言ってたこと。

「大体の人は、悲劇の主人公になりたがる」

納得はしましたが、認めるのは抵抗ある話でした。

認めるのに抵抗あるということは、いくらか心当たりがあるというか、図星だったんでしょう。

自分が一番大変って思うくらい大変なことって絶対ありますし、「何でこれもやってくれないの?」って人に求めてしまうこともあります。

でも、人それぞれ嫌なこと、不幸に思うことは少なからずあって、酷い場合にはタヒにたいとか、消えたいとか思います。

そうやって辛さを溜め込んで、自分から命を絶つ人もいる。

時間は残酷です。

どんなに辛くても、働かないと生活出来ないし、いつまでも暗い気持ちだと異常だと見られる。

今回の舞台は、現代の心の闇と新しい出会いに救われる姿を描いた作品でした。

自分の不幸も、少し視点を変えれば乗り越えられるかもしれない。

生きる力に変えていけるのかもしれない。

新しい出会いはきっとそれまでの辛さを受け入れてくれるのかもしれない。

そんなふうに思える舞台でした。

自分がもし悲劇の主人公だったとしても、救いを求めていろんな出会いを経験したいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中