フリーランス

自分と世間はどれだけズレてる?世間の感覚を学ぶ

こんにちは!はれこです。

このブログでは、私の日常も紹介しながらフリーランスとしてのお仕事術や就職やお仕事の悩みを解決するブログです。

あるイベントでの出来事

前にイベント会社に勤めていた頃、ある母の日のイベントで、カーネーションを売ることになりました。

それに伴い、何をどのくらい入荷するかという話に。

私や他のメンバーは、一輪挿しやアレンジメントを推しました。

だってその方が管理が楽ですし、見た目もかわいらしかったのです。

しかし、当時の私の上司はただ1人、「鉢植えが良いと思うんだよなぁ」と言っていましたが、「さすがにそれはないだろう」と思って、結局多数決で一輪挿しやアレンジメントを多めに仕入れました。

そして、母の日当日。

…まさかの、鉢植え売り切れ。

一輪挿しやアレンジメントは大量に余るという事態に。

後から上司にそう思った理由を聞いてみると、

「プレゼントするんだから、鉢植えの方が豪華に見える」

…みたいなことを言っていました。

その感覚はなかったな…と思い知ると同時に、ちゃんと大衆的な感覚を磨いているんだなと思いました。

彼はPRを得意としていましたから。

その日がたまたまそうだったとも考えられますが、でもやはり私の感覚にはない発想でした。

私の感覚ではもちろん鉢植えは絶対選びません。

だってあげた後に一番手間がかかります。

しかし、驚かせたいとか喜んでほしいという思いに一番その時寄り添っていたのは鉢植えだったのでしょう。

自分の感覚と他人の感覚

なぜ、母の日でもないこんな猛暑日にこの話を思い出したのかと言いますと、それくらい自分の感覚と世間一般的な感覚はズレていてもおかしくないんだよなぁという話に繋げたかったからです。

要するにあまり必然性はありません。笑

自分の感覚だと絶対それが正しい!と思っても、蓋を開けると全然違った。

しかし、常に新しい情報や流行りを研究して、「自分の感覚はこうだけど、こう考える人もいるよな」という目を身につけておくことはできる。

情報過多の時代に大変なことですが、マーケティング力として身につけておきたい技能ですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中