フリーランス

芸の世界とはどんな世界?人の人生を変えられますか?

こんにちは!はれこです。

このブログでは、私の日常も紹介しながらフリーランスとしてのお仕事術や就職やお仕事の悩みを解決するブログです。

最近は恐ろしく暑いですね。

皆さん、熱中症には重々お気をつけください!

芸は身を助ける…?

昨日、「ショーシャンクの空に」という映画を観ました。

TSUTAYAでも良映画の常連なので、キービジュアルを見たことある人も多いのではないでしょうか?

ショーシャンク刑務所に収容されたアンディとレッドという男の物語。

レッドは持ち込み厳禁な刑務所内で、タバコでも何でも持ち込むことができる運び屋。

刑務所内暮らしにうんざりしていた所にアンディという元銀行家の男が収容されてきました。

運び屋を頼む過程でアンディとレッドは仲良くなりますが、アンディはとある出来事をきっかけに、元銀行家でそのスキルを生かして刑務所員からの信頼を得ていきます。

…と、ここから先のあらすじはぜひ本編でお楽しみいただきたいのですが…

芸は身を助ける、と言います。

今回はそちらの話に派生しましょう。

仕事にはいろんな種類がありますが、やはり技術があるのは職には困りません。

しかし、残念ながら稼げるかどうかは別問題です。

映画の中で、アンディの銀行家としてのスキルは刑務所内で一定の地位を得ましたが、その力を利用されてしまうという面もありました。

もちろんそればかりではありませんが、それだけ技術を売るのは大変なことなのです。

その力の使い方、交渉力、説得力…

技術があって稼ぐというのは、やはり+αが必要ということ。

誰かがその部分を補ってくれるならば、それは素晴らしいことなのですが…自分の技術に誰かの人生を巻き込む勇気がありますか?

もっと分かりやすい例で言えば、あなたが役者で生計を立てる上で、自分のことを良いと評価し、自分の為に働いてくれるマネージャーと出会えるのかどうかということ。

でも技術を売るってそういうことじゃないですか。

自分自身がマネージャーになれる技術者なんてそうはいませんからね。

ショーシャンクと大分話がズレた上に、ちょっと今日は暗い話題になってしまいました。

…でも、そう思わせられるか否かが、やっぱり人生を分けるんだと思うんです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中